読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A cup of tea and Me

イギリスの片隅にひっそり棲息中

はじめのいっぽ

イギリスに住んで早数年。英語は一向に上達しないが日本語力は確実に低下しているのでリハビリを兼ねてブログでも始めようと思う。いろいろ書きたいことはあるのだけど、あまりぶっちゃけすぎても人格疑われそうなので、とりあえず当たり障りのないかとを書こうかとおもう。

 

パパが(主人とか夫とかどれも笑っちゃうのでなんと相手を呼んでいいのか未だにわからない)英国人で私が日本人なので、子供には一応バイリンガル環境で育てています。

自分も大人になってからバイリンガル(って言えるのか?)になったので、赤ちゃんのときからのバイリンガル生活は全くの未経験なのでどういう化学反応を起こすのか謎。ほぼ息子は実験台。環境的には母親と父親がそれぞれネイティブスピーカーなのでいいと思うが、実際はそんな簡単にバイリンガルにはならないんだなと痛感。息子は英語も日本語も遅れが目立つ。私が結構頑張って日本人のお友達と遊んでもらったり、アンパンマンを浴びるように見させたり、日本に連れ回してしてちょくちょく帰国しているので、今のところ日本語が優勢だが、それでも日本人の同い年のお友達と比べてしまうと雲泥の差。英語もいまのことろ言葉の遅れが目立つが秋から幼稚園に通うので、英語はどんどん上達するとおもう。日本語をどうやって維持していくかが大きな課題。

 

なので日本でも早期英語教育が盛んだが、日本で両親とも日本人で小さいときから子供の英語教育って大変だとおもう。私のまわりにも英語圏の親がいる人って一人しか知らないし。なんやかんやいって、あんまりミックスの子供ってこの辺りじゃいないし、その子たちも日本語でしゃべるほうが楽しいよね、きっと。英会話とかいろいろあるけど、そこだけではやはり子供の英語力って伸びないとおもう。友達が言ってたけど、お金のあるおうちは短期留学とかするし、やはり旅行とかでも現地を見るのが一番の英語を学びたいという動機づけになるとおもう。本人のやる気が一番大切だし、親はそのやる気をうまく誘導させることが大事なんだろうな。 

 

でも逆に今はインターネットがあるから海外の子供向けのアニメやらサイトも無料で見えるし、勉強の教材は無限にあるかと思う。そういう面では今のボーダーレスの時代は本当に恵まれているとおもう。アマゾンでも絵本とか現地と同じ値段で買えるしね。

 

ってとりとめのない文章になりましたが、初日なので今日はこのへんで。ちなみにうちのこはお外が大好きでお勉強系は手ごたえなし。。。とほほ。