読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A cup of tea and Me

イギリスの片隅にひっそり棲息中

Easter Bonnet

日本でもイースターが周知されてきているとききますが、、その前の受難節(レント)とかの知識だけでも一緒に添えて覚えるといいと思うのですが。息子がキリスト系の幼稚園なので、それまではキリスト教国在住でもあんまりキリスト教のこと知らなかったけど、息子の学校のイベントを通して多少知識が増えています。肝心の息子もイースターチョコの看板をみると「イースターだ!」といいます。イースター=チョコレートになってしまってる・・・・。レントの一環として、学校経由で募金をしたり、食料の寄付などをしました。私はキリスト教ではないけど、こういう機会をもらえるのは私にも息子にもいいことだと思います。普段あんまりチャリティー精神がないので・・。

 

で、学校からのお知らせで「イースター休暇明けにEaster Bonnet Paradeをするからよろしくね!」ってメールがきました。人づてにeaster bonnet ってきいていたからどういう風に作るかしっていたけど、知らない人だと一苦労しそう。

要はイースターをテーマにした帽子を被ってパレードするからその帽子を作ってきてね!ということです。Easter Bonnetでググってもらえばたくさんでてきますが、かなり力が入っている作品がたくさん。子供というより親の力の見せ所あい。。。。

お店にキットが売っているのでちょこちょこ購入しました。

 

帽子

ボンボン

ボンド(pva glue)

ひよことウサギの飾り

 

全部で6ポンドぐらい?(1000円ぐらい)息子にも少しやらせたけど、上手くまだできないから、ほぼ私が作りました。(本人はつくりたがっていたけど、汚くされると嫌なので、本人が寝てから作りました笑)あんまり本人のためになってない笑。 日本人らしく、ウサギと人参を折り紙でつくってこれも貼り付け

 

f:id:greenchic:20170409190045j:image

 

まあ、それなりに立派に見える笑。休み明けにいきなりパレードなので、パレードのこと失念してしまい帽子を忘れる子供もいるんだろうな。こういう親を持つと子供がかわいそう・・・ってうちもあぶないけど。