A cup of tea and Me

イギリスの片隅にひっそり棲息中

Reverse Advent Calender

リバースアドベントカレンダーなるものをやってみました。これ去年ネットでみて今年うちの子とやりたいなあって思って。要は、1日食品アイテム(常温保存食品)一つ選んで24日間続けて、それをフードバンクに寄付するというものです。クリスマスは子供にとって「もらう」だけでなく「あげる」という体験ができるという仕組みです。

f:id:greenchic:20171215051113j:image

 

クーポンなども使っていろいろ集めてみました。フードバンクというと食べ物を想像しますが、洗剤やトイレットペーパー、歯ブラシなどもうけとってもらえます。逆に食べ物以外の寄付は少なめなので有難がられるとか。ネットでどんな食品がいいかリサーチしたのですが、台所がきちんとあって食事を作れる環境の家もあれば、ホステルなどで台所がない場合もある利用者もいるみたいなので、インスタント品やパスタなどの食材とかといろいろ分けてみるといいみたいです。あと利用者がアジア系の人とか多いならスパイスとかもいいかもしれませんね。 私はビスケット、インスタントクスクス、パスタ、お米、紅茶、生理用品、歯磨き粉、常温保存牛乳、缶詰、ジャムなどかってみました。

一番高かったのが生理用品の55pで大して入ってない。パスタ500gが20pで購入できるのを比較すると高すぎるかな。イギリスは紙製品全般に高いと思います。 食品は税金がかかってないのですが生理用品は税金がかかっているため(20%)余計高く感じます。以前ニュースにもなりましたが、生理用品が買えずナプキンやタンポンなしで過ごしている女性がこの国にいるそうです。同じ女性として生理のときなんてただでさえ嫌な気分なのに、生理用品すら使えないなんてキツイと思います。コンドーム無料にする前に(市が運営している児童館のトイレにコンドームが置いてあったりします!)生理用品無料にしてよっ!って本当に思います。

話を戻して、クーポンなどを使い6£ちょっとでいろいろな食材や生活用品が揃いました。

どのチャリティーに寄付しようか調べたところ、小さなチャリティーで女性のみ利用可能のフードバンクを見つけました。そこは利用者が自分で食べ物選べて(大手フードバンクはフードバンク側ですでに配布する食べ物をまとめてしまっているそうです)、生鮮食品もあるそうです。

fb経由で夜10時ごろ連絡とったらすぐ連絡くれて、早速寄付をしにうちの子と学校の帰りにいきました。

「よくきたねー。ありがとう!」とおばちゃん三人が出迎えてくれて、ぜひフードバンクの中を見ていってといって中を見せてくれました。そこは小さなスーパーマーケットみたいになっていて寄付されたいろいろな食品や、あとクリスマスだったので子供向けのクリスマスプレゼントやパジャマなどいろいろ置いてありました。うちの子は褒められてまんざらでもない様子。子供は褒められるの好きだよね。大人も好きだけど!冷凍庫もあってお肉とか冷凍されていました。うちの子は「またフードバンクやりたい」と言ってるのでこれからも少しずつ続けて行こうかなと思います。毎日は無理だけど。

滅多にチャリティー活動をしない私なので、いい経験になりました!24日間6£(1000円ぐらい)でうちの子と二人で楽しめたのでいい経験になりました。

 

おしまい。